Home > 基本情報 > フォトギャラリー

フォトギャラリー

ミャンマーのサイクロン被災者、今もなお必要とされる支援

2008年6月18日掲載

UNHCRは、8回に及ぶ緊急援助物資の空輸とトラックによる輸送を隣国タイより行い、2008年6月6日までにミャンマーにおいてサイクロン「ナルギス」の被災者となった13万人へ430トンのシェルターと基本的な日用品を支給することができた。援助物資にはビニールシート、ビニールロール、蚊帳、毛布そして調理器具などである。支援物資はミャンマーに届き次第、すぐに配布されている。

エーヤワディのデルタと同じようにサイクロンの直撃を受けたヤンゴン市の郊外では、数家族がやしの葉を屋根ふきとして仮住居を建て始めている。しかし彼らは、モンスーンの雨を避けるためにビニールシートを緊急に必要としている。

ミャンマーに届きはじめるUNHCRの支援物資

2008年6月12日掲載

UNHCRは、8回に及ぶ緊急援助物資の空輸とトラックによる輸送を隣国タイより行い、2008年6月6日までにミャンマーにおいてサイクロン「ナルギス」の被災者となった13万人へ430トンのシェルターと基本的な日用品を支給することができた。援助物資にはビニールシート、ビニールロール、蚊帳、毛布そして調理器具などである。支援物資はミャンマーに届き次第、すぐに配布されている。

エーヤワディのデルタと同じようにサイクロンの直撃を受けたヤンゴン市の郊外では、数家族がやしの葉を屋根ふきとして仮住居を建て始めている。しかし彼らは、モンスーンの雨を避けるためにビニールシートを緊急に必要としている。

UNHCR、中国の地震被災者にテントを支援

2008年6月4日掲載

2008年5月12日、中国の四川省を襲った大地震によって家を失った500万人のため、UNHCRは緊急用シェルターとして早急に必要とされているテントを1万1000張支給した。

被災地に輸送されたテントは、UNHCRの支援活動のため中国で製造されたものである。空輸されたテントのうち、最初の2000張は5月25日に成都へ到着し、残りの9000張もほどなくして到着した。今回支給されたテントは5万5000の人がシェルターとして利用することができ、震源地近くの都市アバ、徳陽そして広元へ分配された。

• 今すぐご寄付 • ・ ジュネーブ本部 ・ ・ 国連UNHCR協会 ・ ・ お問い合わせ ・

 

※画像の使用等につきましては、UNHCR駐日事務所までお問い合わせください。 UNHCRジュネーブ本部Photogalleryより、原文が ご覧いただけます。