Home > 難民保護 >J-FUN: Japan Forum for UNHCR and NGOs 日本UNHCR-NGOs評議会

J-FUN: Japan Forum for UNHCR and NGOs

日本UNHCR-NGOs評議会

1950年に国連総会で採択されたUNHCR事務所規程でも予見されたように、難民の支援・保護とその恒久的解決を図るUNHCRの任務遂行には民間機関(private organizations)との緊密な連携が不可欠であると考えられてきました。UNHCRとNGOの難民の支援・保護活動における協力関係をより強固なものとするために、1994年の『オスロ宣言および行動計画』によりパリナック(Partnership in Action: PARinAC)が設立されました。

このように1990年代後半からUNHCRはNGOを人道支援活動の単なる委託機関としてではなく、「パートナー」としての関係を構築してきました。毎年10月にジュネーブ本部で開催される執行委員会に合わせたNGOとの定期協議など、UNHCRとNGOとの協力関係は現場以外でも盛んに行われてきました。

世界各地でUNHCR事務所とNGOが連携し、UNHCRとNGOからそれぞれ担当者(フォーカル・ポイント)を選出してパリナックの共同運営を推進してまいりました。日本でもパリナック・ジャパンフォーラムが1995年後半に開設され、月一回程度の割合で定期的会合を開催し、難民をはじめとした人道支援の分野でNGOの役割に脚光を集める機会と場を提供してきました。

1998年には外務省との協賛でパリナック・アジア太平洋地域会議を主催し、2000年にはパリナックの分科会としてジャパンプラットフォーム準備会(後に NPO法人として独立)やパリナック分科会・国内難民支援部会(RAJA: Refugee Assistance in Japan)が設立されました。また、2001年にはNGOが自ら緊急人道支援を行う際の行動基準を作成した「Sphere Project」の日本語訳とそのトレーニングのための分科会も立ち上げられました。

UNHCRとNGOの継続的な連絡協議が執行委員会開催前に行われる年次協議会(Annual Consultations with NGOs)によって制度化され、個々の国際NGOが独自の体力とネットワークを備えるようになり、各地で開催されてきたパリナックは2000年代前半にその歴史的使命を終え、発展的解消を遂げました。

パリナック・ジャパンフォーラムは1995年から培ってきた難民支援・保護活動に焦点をおいたネットワークの維持を図るべく、パリナックの精神を受け継ぐ連絡・連携の枠組として、2006年度前半の準備期間の後、J-FUNを発足することを決定しました。

J-FUN (Japan Forum for UNHCR and NGOs - 日本UNHCR・NGO評議会)とは、難民支援と保護活動に従事する団体が自由に参加できる開かれたフォーラムであり、情報の交換と発信、広報活動、人員交流、共同イベントの計画・実施、そして長期的にはUNHCRが関連する事業への日本発NGOのさらなる参加の促進を目標としています。J-FUNの主要な活動は以下の三つの分野に要約されます:「顔 (Face, Visibility) 」、「声 (Voice, Advocacy) 」そして「手足 (Operation, Research) 」。

  • 顔 (Face, Visibility)
    難民・人道支援は数学とは異なり、解答は一つではありません。J-FUNでは、日本のNGOとUNHCR駐日事務所が一緒に、「日本発の人道支援(日本のレシピを含む)」を模索します。

  • 声 (Voice, Advocacy)
    世界には多くの忘れ去られた難民・避難民がいて、支援するNGOの苦労も一方ならぬものがあります。J-FUNは、難民や現場で働く人々の声を日本の人たちに伝えていきたいと思います。

  • 手足 (Operation, Research)
    日本国内外を問わず、UNHCRとNGOの活動はフィールド(現場)が中心です。J-FUNは、他の国連機関や外務省、JICA、学識者等と連携しつつ、現場での仕事の質を上げることを目指します。
  • J-FUNの運営はUNHCRとNGOから毎年選出された共同議長二人によって行われ (本年度は岸守UNHCR副代表および高瀬ワールドビジョン海外事業部長)、UNHCR駐日事務所が事務局の機能を提供しています。月一回の割合で月例会合が国連大学内のUNHCR駐日事務所内で定期的に開催されています。月例会合において共同の広報・提言活動に関する連絡や議論を行い、構成メンバーの要請にもとづいて特定の課題を個別のワークショップ(分科会)にて深めることになっています。

    誕生してまだわずかですが、2006年夏に東京ヴェルディ1969とのコラボレーションで実現したJ-FUNチャリティーサッカー、UNHCRマガジン2006年12月特別号『人道支援における日本の創意工夫(レシピ)』への寄稿、シンポジウムの共同開催、2006年7月のホプキンズ高等弁務官補と12月のグテーレス高等弁務官とのランチ・ミーティングが実施されてきました。また2006年8月にJ-FUNより「アドボカシー・ワーキンググループ」が設立し、11月にUNHCR友好議員連盟とのランチ・ミーティングを開催するに至っています。

    J-FUNはUNHCRとNGO両者の協力関係が厳しいルールによって限定されてしまうような融通のきかないものではなく、今もなお進行中のすべての可能性に対して柔軟なプロセスであることを目指しています。参加資格も難民保護・支援活動に関わっていて、J-FUN会合への定期的な参加が可能であることだけが条件ですので、参加にご興味があるかた、またはオブザーバーとして参加されたいかたは、J-FUN事務局までご連絡をください。皆様の活発な参加をお待ち申し上げています。

    J-FUN事務局
    小坂順一郎
    東京都渋谷区神宮前5-53-70 国連大学ビル6階
    TEL: 03-3499-2011
    FAX: 03-3499-2272
    E-mail: kosaka@unhcr.org

     

    J-FUN加盟団体(2007年1月1日現在)

    AAR 難民を助ける会
    ADEO アデオジャパン
    ADRA アドラ・ジャパン
    AGS 緑のサヘル
    AIJ アムネスティ・インターナショナル・ジャパン
    AJF アフリカ日本協議会
    AMDA アムダ
    AMDA MINDS アムダ社会開発機構
    BAJ ブリッジ・エーシア・ジャパン
    BHN BHNテレコム支援協議会
    CIJ ケア・インターナショナル・ジャパン
    CTIC カトリック東京国際センター
    HHN 平和貢献NGOsひろしま
    HuMA 災害人道医療支援協会
    ISSJ 社会福祉法人 日本国際社会事業団
    JANIC 国際協力NGOセンター
    JAR 難民支援協会
    JELA 日本福音ルーテル社団
    JEN ジェン
    JIM-NET 日本イラク医療支援ネットワーク
    JPF ジャパン・プラットフォーム
    JRC 日本赤十字社
    JSA 日本サハラウィ協会
    JVC 日本国際ボランティアセンター
    NN 難民ナウ
    PWJ ピース・ウインズ・ジャパン
    REN レン(レフュジー・エンパワーメント・ネットワーク)
    RHQ 財団法人アジア福祉教育財団 難民事業本部
    S21 社会福祉法人 さぽうと21
    SCJ セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン
    SVA シャンティ国際ボランティア会
    WVJ ワールド・ビジョン・ジャパン
    J4U 日本UNHCR協会
    UNHCR 国連難民高等弁務官駐日事務所

     

    • 今すぐご寄付 • ・ ジュネーブ本部 ・ ・ 国連UNHCR協会 ・ ・ メールニュース登録 ・